iPadでワードやエクセルの表示ができるOneDrive

iPadでワードやエクセルの表示ができるマイクロソフトのSkyDriveがOneDriveって名称に変わってますね。
どうも名前のSkyが商標登録みたいのにひっかかって変えたみたいですね。

ワードやエクセルをiPadで開いて表示させる

アプリ版のOneDriveは、エクセルの表とか相変わらずちゃんとでません。><

インターネット版のOneDriveは、ワードやエクセル毎に接続先が変更になったのか、Word OnlineとかExcel Onlineって出ます。

iPadでOnedriveを使ってワードやエクセルなどを表示・編集する
Windows8や8.1の人はマイクロソフトのアカウントを持っていると思うので、それでログインできます。

iPadでワードやエクセルを表示するのは、ブラウザ(SafariでもChromeでもOK!)からOneDriveにログインして見ます。
パソコンでOnedriveのフォルダ(「ドキュメント」とか)に予め入れておかないといけませんが、かなりちゃんと表示されます。

Microsoft OneDrive マイクロソフト ワンドライブのURL
ブラウザから表示・編集するのでSafariやChromeのお気に入り・ブックマークに入れておかないと検索していかないといけないのがちょっと難点。

iPadでホームページをWi-Fi機能のないパソコンに繋がれたプリンタで印刷する

アプリ版のOneDriveでは表示できないグラフも表示できました。

ただ、Google クラウドプリンタが表示はされますが、プリントできない。><
Word OnlineやExcel OnlineからGoogle クラウドプリンタが使えるとバッチリなんですが。
AirPrint対応のプリンターを持っている人なら関係ないですよね。
うちはない。^^;

iPadでのエクセルの表示見本2 表とグラフ

iPhoneの方は、編集しようとすると「Moble Office」が必要ですと出て、Appストアに移動して固まってしまいます。><
iPadはそんな事はありませんでした。^^v

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック