会社のマークや商品のロゴはコンペがいいって書いたけど



Lancers.jp



入札の代行をしてみようかな^^
そうすれば、お客さんのデータの管理もできるし。
1人のアイデアより大勢で考えた方がいいもの作れそうです。

お客さんは、元データ(ロゴなどのaiやepsファイル)がわからないって場合が多いです。
だんだん、ロゴが汚くなっていく。;;
もらってない場合もあるし・・・。

コピーやインクジェットのプリントでもらっても、字やイラストが潰れてしまってって、トレースしようにも
「どの線がほんとだ???」
とか。
jpgは保存するたびに荒れていくし・・・。
しかも小さかったり・・・・
「これ使えませんよ;;」orz

EPSやaiファイルなら劣化もないし、拡大、縮小しても、いつも綺麗なロゴマークが使えます。

太陽みたいなキーボードに付いてるマーク

■イラストレーター初級講座

こういうマークも縦線2本と丸を描いておいて、
illustratorで「整列」~「等間隔」と「中央揃え」して
歯車を描くのと同じように、縦線2本を選択してから
「変形」~「回転」~「コピー」で描けます。
この場合、45°で3回コピーすればOK^^

イラストレーターはデザインの標準ソフトなので、印刷はもちろん、看板、暖簾、のぼり、タペストリーなどなどいろんな物に使えます。
こないだやった服の背中のブランド名(プリントネーム)もイラストレーターでのデータ入稿でした。

それと商標登録とかする場合、パソコンに入ってるフォントはまず使えません。

MS明朝やゴシックはリコー、メイリオはマイクロソフトかな?

1字ずつ手描きします。

フォントをイラストレーターでアウトライン化してそれを元に変更を加えるって手もありますが、どこまで似てていいのか? とか微妙な時もあります。
綺麗に正確にトレースしちゃダメだよね。

■イラストレーターのアウトライン化・トレース

画像でも同じ感じです。
綺麗な画像ほど綺麗にトレースしてくれます。
でも、描きなおす方が多いかな。^^;



1年間Adobe CCが3,000円/月っていうのは7月31日までかも・・・;;
こういう時に限って仕事が続く・・・・

キャンペーンが終わっても、またやるかもしれないけど。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック