特別定額給付金申請をやってみました

キャッシュカード.png
特別定額給付金申請書が届いたのでパソコンでオンライン申請をやってみました。

iPhoneやAndroidスマホでもできるそうです。


特別定額給付金申請書



●申請に必要な物(返送)は、


1. 特別定額給付金申請書

    両面あります。



2. 申請者本人が確認できる免許証などのコピー

  マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、健康保険被保険者証、

  介護保険被保険者証、後期高齢者医療被保険者証



3. 振込先口座が確認できる通帳のコピー

  通帳をめくった1ページ目(見開き)かキャッシュカード

  ※金融機関名、口座番号、口座名義人が印字してあるもの。



コピーさえできれば、郵送が簡単です。

同封されてた封筒は料金受取人払いになってました。

最近のプリンターにもコピー機能があるし、コンビニやスーパーのコピーも安いし、混んでないところでコピーをとって、人が少ない時間に投函すれば同じ市町村なので次の日には届きます。


iPhoneやAndroidスマホでもできるそうです。

■【iOS】iOS 13.1以上がインストールされたiPhone 7以降のiPhone Safari13以上

■Android系スマホ Android 6.0~10.0 Chrome 69以上



PC、iPhone、Androidに限らず、「マイナポータルAP」というアプリやアドインをインストールしないといけません。

僕はe-Tax用にカードリードライターを持っていたのでパソコンでやりました。

最近は、Pasori(カードリードライター)も取り寄せのお店が多いですね。




PaSoRi(パソリ)の場合、RC-S380が個人用でRC-S380/S は業務用だそうです。


●パソコンから申請する場合


券面事項入力補助用暗証番号と署名用電子証明書暗証番号を入力しました。


 ↑ ここで自分の住んでいる市町村がオンライン申請に対応しているか調べます。

郵便番号か県、市町村を選択して「特別定額給付金」にチェックを入れて「この条件で探す」をクリック。

パソコンでもマイナポータルAPのインストールが必要です。

maina.jpg



ブラウザ毎にマイナポータルAPがあるようです。

僕はChromeを使っていましたので、Chrome用アドインがインストールされました。

Google Chrome用マイナポータルAPのインストール手順というページに飛ばされました。


ブラウザを自動判別してくれるみたいです。

こういうアイコンのアプリです。

これはGoogle Playのアイコンで、Appストアのは背景が黄色です。

maina_andicon.jpg

■iPhone用マイナポータルAP

 iOS13.1以上がインストールされているiPhone7以降のiPhone

iPhone_maina.png

■Android用マイナポータルAP


maina_and_qr.png

スマホの人は、QRコードをタップするとアップルストアとグーグルプレイに飛びます。

最初に、振込先口座の通帳やキャッシュカードの画像を撮っておいた方がいいかもしれません。

スマホの場合は、綺麗に撮りやすいしキャッシュカードがおすすめ。



2cho_s.jpg



マイナンバーカードを使うってオンライン申請をする場合は、

本人確認の免許証などのコピーはいりません。



オンライン申請で必要なのは、通帳の1ページの見開き写真かキャッシュカードの写真どちらかを1つと暗証番号。


最後に申請書PDFファイル控えの送信するかダウンロードしておきます。


「【ぴったりサービス】 電子申請送信完了のご連絡」が来ました。


「受付番号」が書いてあるので、もしもトラブった時のために取っておきましょう。


給付金申請S.png



返送に必要な物のイラストを描いたのでよかったら使ってください。

何度も行くの大変だし、役所も混んで三密になっちゃうかもしれないですから。

 ↓ ここにも、免許証やパスポートの写真がいっぱいあります。

上の通帳とキャッシュカードのイラストはここ(イラストAC)でダウンロードしました。



無料イラスト素材【イラストAC】






この記事へのコメント