年末にご不幸があった方の喪中葉書の代わりの寒中見舞い

mochu.jpg
背景は十野七さんの作品をイラスト写真ACからダウンロード

関東では松の内も終わり、年末にご不幸があり、喪中葉書を出せなかった方が寒中見舞いを出す時期です。


松の内が終わり、立春の前日の1月8日~2月3日までの間ですが、郵便だと数日かかるので1月末までに出すのがいいでしょう。

文例として

寒中お見舞い申し上げます
新年の賀状をいただきまして有難うございました
昨年十二月に 父 〇〇 が 〇〇〇歳にて永眠いたしましたので新年のご挨拶を失礼させていただきました
ここに故人が生前に賜りましたご厚情に深謝し謹んでご報告申し上げますとともに今後も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます

会社などでは寒中見舞いではなく、死亡報告として出す方もおられます。

 弊社(役職) 〇〇〇〇 儀
去る十二月〇〇日 〇〇〇歳にて永眠いたしました
葬儀につきましては 故人の遺志により〇〇月〇〇日に近親者のみで執り行いました
茲に故人が生前に賜りましたご厚情に深謝し謹んでご報告申し上げます
今後も変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます





この記事へのコメント