消費税の内税表示はまた延びて平成33年から

zeikomi.jpg

たまに、外税でレジで「あっ (@_@)」と思うことがあります。

お店によってまちまちです。

税抜価格のみを表示して、店内の消費者が目に付きやすい場所に、「当店の価格は全て税抜価格です。」

と目立つところに表示するだけでもOKだそうです。

総額表示(税込価格)の場合は、何にもつけなくてもいいんですね。

よく、「※消費税込みの価格です」とか「※消費税は別途いただきます」とか、チラシのどこかに入れてます。

例えば、次に掲げるような表示が「総額表示」に該当します。

1,080円
1,080円(税込)
1,080円(税抜価格1,000円)
1,080円(うち消費税額等80円)
1,080円(税抜価格1,000円、消費税額等80円)

(注) 平成28年11月の税制改正により、消費税転嫁対策特別措置法の適用期限は、平成30年9月30日から平成33年3月31日に延長されました。

チラシの数字は大きいから、税抜きの方が安いイメージが出ますけど。

実際は消費税がかかったそれより高くなるだけど・・・。

消費税「総額表示」の義務付け

> 総額表示に伴い税込価格の設定を行う場合において、
> 1円未満の端数が生じるときには、その端数を四捨五入、
> 切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し
> 支えありません。

消費税は「切捨て」だと思ってたんですが、「四捨五入」、「切上げ」でもいいんだ。

ほとんどのお店は切捨てみたいですが・・・・。

必要経費になる税金等の一例

青色申告会もよろしくです。(*'▽')ノ

水道光熱費は、毎月じゃなくて1年で一括でもいいとか、知らないことも結構あります。

青色申告のメリット


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック