減価償却資産の最後の年の処理

青色申告の減価償却資産の最後の年の処理

減価償却資産の最後の年が未償却1円残さないといけないんですよね。

減価償却資産の最後の年の処理

固定資産税は事業割合の分、租税公課で落とせますが、市県民税はダメなんですよね。
青色申告会の会費も「租税公課」。

それで忘備録として作りました。^^



ミロク情報サービス ミロクのかんたん!青色申告8 (5年保証乗換版)

乗り換え版だと7,600円で、5年間使えるそうです。

「やよいの青色申告」を使っているんですが、バージョンアップが本体ソフトと同じくらいします。><
バージョンアップより製品買って、無償サポートがあった方がいいような気がします。
それはダメなのかな???

青色申告ソフト freeeってありますが、決算書までつくるには月980円だ。

青色申告ソフト freee の料金プラン

無料だと「3ヶ月間データを保持」になってますね。

当分は「やよいの青色申告」で、乗り換えるなら「ミロク情報サービス ミロクのかんたん!青色申告8 (5年保証乗換版)」かな。

使い勝手は、どうなんでしょうか。

ミロクのかんたん!シリーズ体験版ダウンロード

60日間の体験版もあります。
来年は消費税10%みたいだから、5年間無償アップデートはいいかも!^^

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック