日本語のドメインが人気らしい


日本語ドメイン



最近日本語のドメインが人気があるみたいです。
まず、覚えやすい。日本人には目立つ。
SEOでもキーワードになるので、ヤフーやグーグルの「検索」結果が上位表示されやすい。
「chi」?「ti」?「shi」?「si」とか悩むこともないですし。
ただ、人気が出てきたので、取りたいドメイン名がすでに誰かに取られる場合が多いようです。
検索エンジンはURLの文字列もキーワードに含むそうです。
※アップデートで変わるかもしれませんが・・・

安いからうちのクライアントさんにも勧めてみようかな? ^^
日本語ドメインを使えるレンタルサーバじゃないといけないみたいだけど。
スマホなら日本語の方が打ちやすいかも。ローマ字だと長くなるし。

ブランディングにもいいみたいです。

ブランディングの前は、CI(コーポレーション・アイデンティティー)っていうのが流行っていましたが、これは企業のイメージを上げるためでした。
BI(ブランド・アイデンティティー)、SI(ショップ・アイデンティティー)ってブランドイメージやお店のイメージ効果の向上のやつもありました。

ブランディングは、『 顧客にとっての価値 』を高めることだそうです。

立場が「売り手側」か「買い手側」かいうことみたいです。

ブランディング Wiki

顧客の視点から発想し、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく戦略のひとつ。
ブランドとして認知されていないものをブランドへと育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し活性・維持管理していくこと。またその手法。

だそうです。





あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック