iPadから乗り換えキャンペーンやってますね。

iPadからSurfaceに乗り換え

海外ドラマが好きで、NCIS;LAを見てたら、エリックがマイクロソフトのサーフェスを使ってました。
水色のトップカバーも付けてました。
カバーがキーボードになるのはいいですね。
それとワードとエクセル、パワーポイントが使えて、USBポートがあるのでUSBメモリが使えるのもいいですね。

今、iPad miniを除くiPad全機種からSurfaceに乗り換えると5,000円~10,000円のキャッシュバックをやってます。
iPadも捨て難いんだけど・・・。
どちらかというと僕はiPad派です。
Windowsが大多数の中、使いづらい事もありますが・・・。

仕事やみんなとデータを共有する必要がある人は、やっぱりマイクロソフトのサーフェスかな?^^;
MS Officeが使えて、USBに保存、読込できるのは、マイクロソフトだけ。

マイクロソフトストア

本体だけの場合 \39,800(税込)
Surface (Windows RT)、Office 2013 RT2
電源アダプター
クイック スタート ガイド
安全性および保証に関するドキュメント

※Office 2013 RT (Word、PowerPoint、Excel、OneNote)、Windows メールおよびメッセージング、SkyDrive、Internet Explorer 10、Bing、Xbox ミュージック、Xbox ビデオ、Xbox ゲーム

32Gでもネット環境があれば、SkyDriveが7Gあります。
スカイドライブにワードやエクセルなどの文書を入れておいて、友人や会社の人に共有許可を与えておけば、その人のコンピューターにワードやエクセル、パワーポイントが入ってなくても、WindowsPCならOffice Web Appsというアプリでドキュメントを開いたり、編集する事ができます。
Office Web AppsはiOSにも対応しているので、iPhoneやiPadでも閲覧できます。
フォント環境が違うので多少見た目は変わります。

iPadのワードとエクセルの表示例

フォントがアップルとマイクロソフトだと違うから仕方がないかもしれません。



SkyDrive の比較

「PC、Mac、Web 間で Microsoft Office を使ってシームレスに作業を行う」がウリかな?^^

iPhone、iPad、iTunesの忘備録

けっこう、忘れてること多いから役に立ちます。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック